プレゼントにもおすすめ!世界の高級万年筆ブランドまとめ  

プレゼントにもおすすめ!世界の高級万年筆ブランドまとめ  

万年筆は洋服と違い、大事にしていれば長く使えるもの。一生に一度の節目のプレゼント等に渡せたり、もらえたりしたら素敵だと感じませんか。

モンブラン(MONTBLANC)

最高級の万年筆・ボールペンで、値段も数万円~と張りますが、歴史も長く、使っている方の品格がある方に愛用されているケースも多い。


パーカー(PARKER)

高級感と実用性のバランスが非常に良く、値段も数万円~と高級のなかではリーズナブルなところも非常に魅力的です。


クロス(CROSS)

デザインが洗練されていて非常に美しい、男性のみならず女性のユーザーも多く、スタイリシュなイメージがあります。


ペリカン(Pelikan)

欧州製でモンブラン同様、高級ブランド。一生使い続けられる信頼感があり、最近は手彫りの復刻盤なども商品化されています。


中屋万年筆(なかやまんねんひつ)

Source:www.nakaya.org

一番のポイントはすべての部品が手作りというところ、世界中からのユーザーから発注を受け、信頼感もポイントです。


ウォーターマン(Waterman)

Source:www.waterman.com

世界で初めて万年筆を作ったブランドとしての歴史を信頼感がある、創造性が高く、五感を刺激するデザインが秀逸です。


プラチナ(PLATINUM)

その名のとおりペン先にプラチナが使用されているところ、また老若男女に愛されているイメージも親しみがあります。こちらはシルバーのシンプルなデザインなのですが、銅キャップにプラチナ天冠は豪華そのものです。グリップ部分の黒にも濃紺にも見える色合いも目を引くところだと思います。


ティバルディ(TIBALDI)

煌びやか感を抑えたシルバーの色合いが素敵です。また、ベントレーとの共同企画ということで、キャップの天冠がベントレーマークのデザインになっているところも素敵です。


カランダッシュ(CARAN d’ACHE)

ゴールドとアイボリーの組み合わせが、とても上品な色合で洗練された大人の女性をイメージさせるところが素敵です。


セーラー万年筆(SAILOR)

キャップの赤、ボディの青と緑の色合い、全体的につかわれているゴールドのコラボレーションがとても素敵なデザインを作り上げていると思います。セーラー万年筆は日本を代表するメーカーでパイオニアです。老舗ブランドゆえの信頼感に憧れます。


ビスコンティ(VISCONTI)

独創的に描かれた竜と不死鳥のデザインに素敵です。色合いもシンプルで白のボディにゴールドで描かれているのでデザインがさらに引き立っていると思います。


アウロラ(AURORA)

とても鮮やかな赤に、18金で作られたキャップがとても映えて素敵です。色使いが2色なのにここまで存在感があるところが凄いです。


スティピュラ(StipulaLouis Vuitton)

琥珀のボディーに、18金とルビーのキャップがとても贅沢な一品です。琥珀の色が上品さを、ゴールドとルビーが華やかさをもたせるとても素敵なデザインです。


モンテグラッパ(MONTEGRAPPA)

全体的なゴールドと鮮やかな真紅がとても素敵な色合いだと思います。銅のデザインもアンティーク感があり高級感が漂っています。


今回本記事をまとめることで、筆記具の歴史の深さに改めて驚かされます。ブランドとしての信頼感はもちろん、デザイン、機能、価格など、各社がそれぞれに創り上げてきたものの想いや、重み、メッセージを感じます。私自身も現在パーカーの筆記具を愛用しておりますが、使い続けることができる「理由」があると改めて感じました。

 

SNSでもご購読できます。


トップへ戻る