足元が華やぐ高級ブランドのメンズドレスシューズ  

足元が華やぐ高級ブランドのメンズドレスシューズ  

男性の足元って気になりますよね。紳士的なルックスに思わず見とれてしまうブランドのメンズドレスシューズをまとめてみました。

ルシウス(LUCIUS)

黒字に微妙に茶が混じったクロコのドレスシューズ。「艶とエレガンス」をキーワードにデザインされた、ワンランク上のドレスシューズがブライダルやパーティーの日に足元に華を添えてくれます。


アルフレッドバニスター(alfredoBANNISTER)

122_02

Source:barrak.hamazo.tv

取り外し可能な幅広のゴムバンドが甲のところについたドレスシューズです。プレーンなドレスシューズに色違いのゴムバンドを加えるだけで表情が変わります。遊び心をくすぐるお洒落なドレスシューズです。


ステュディオス ラボ(STUDIOUS:Lab. )

122_03

Source:zozo.jp

皮の自然な色合いをそのまま使った、シンプルな味わいの、ステュディオス ラボのドレスシューズ。限定アイテムです。


エドワードグリーン(Edward Green)

122_04

Source:www.buyma.com

イギリスの紳士靴老舗、エドワードグリーンのベイシックなドレスシューズです。少量生産、品質重視のエドワードグリーンの靴だから、まるで芸術品のような美しさです。


チャーチ(church’s)

122_05

Source:www.buyma.com

英国紳士靴の定番ブランド、チャーチのスカーレット・カラーのドレスシューズです。この赤茶の色合いは、他のブランドでは出せません。


ジョンロブ(John Lobb)

122_06

Source:www.buyma.com

英国王室御用達の紳士靴ブランド、ジョンロブのドレスシューズです。ドレッシーなデザインがとてもエレガント。これは、日本では手に入りにくい限定生産品。


グレンソン(Grenson)

122_07

Source:www.buyma.com

珍しいバックスキンのドレスシューズです。色は落ち着いたサンドベージュ。スーツにもジーンズにも合わせられるので、フォーマルな場面でも、カジュアルな場面でも活躍しそうです。


クロケットジョーンズ(Crockett&Jones)

122_08

Source:www.buyma.com

伝統的な紳士靴を作り続けている、英国のクロケットジョーンズのドレスシューズ。基本に忠実な作りと、渋めの色が素敵です。


男性の足元を演出するドレスシューズにも、さまざまなタイプがあります。
ジーンズを来ているときも、フォーマルなスーツのときも、足元に大人のエレガンスを添えてくれるドレスシューズ。ほんの少しの形の違いや、色身の違いがそれぞれに違ったニュアンスを醸し出します。質の良いものを、出来れば何足かは持っておきたいですね。

 

SNSでもご購読できます。


トップへ戻る