自分に合う靴との出会い方、靴をカスタマイズする方法  

自分に合う靴との出会い方、靴をカスタマイズする方法  

おしゃれは我慢と言いますが、自分に合わない靴を履き続けるのは苦痛を伴います。自分に合う靴の探し方、少しでも履きやすく調整する方法を記載しています。

シューフィッターさんを探してみましょう

最近、デパートでもよく見掛けるようになりましたが、靴探しから調整までしてくれる、シューフィッターという専門の方をご存知ですか?
自分の足は、自分では意外と分からないものです。本当に合う靴を探すのは、意外と大変で、デパートに寄る機会があれば、是非シューフィッターの方に相談してみてください。
きっと、合う靴型を探してくれますよ。

靴をカスタマイズする準備をしてみましょう

今、持っている靴が、もっと長時間履けたら良いのにと思うことは有りませんか?
そんなときにオススメしたいのが、この4つのアイテムです。
・中敷き又は、つま先用中敷き
・踵の靴擦れ防止シール
・靴裏用の衝撃吸収シート
・靴磨き一式

まず、どこに違和感を覚えるかを、足踏みをして探してみましょう。
次に、合皮・本革に関係なく一度靴を磨きます。面倒なときは、栄養クリームだけでも大丈夫です。
靴が乾いたら、もう一度履いてみて、同じような違和感を覚えるか確認します。
これで、準備は完了です。

靴をカスタマイズしましょう。

さあ、いよいよカスタマイズをしていきましょう。ただし、ここからは自己責任でお願いしますね。靴のサイズが大きいようでしたら、中敷きを入れてみましょう。少しだけ大きいときは、つま先用を使います。

まず、靴の中敷きを半分ほど丁寧に剥がし、つま先用の中敷きをその中に入れます。元の中敷きをその上に被せ、再び足踏みをして、違和感が少なくない場所が見つかるまで繰り返します。
場所が決定したら、つま先用の中敷きを固定しましょう。
ヒールがある靴は、足の前側に負担がかかるので、中敷を入れるだけで、少し楽になりますよ。
ここまできたら、後は簡単です。踵が擦れると感じたら、踵の靴擦れ保護シールを、足の裏が痛いときには、靴裏用の衝撃吸収シートを貼ります。
これで、カスタマイズ出来ました。

いかがでしたか?
靴をカスタマイズすることで、より履きやすく変えることができます。
もし、不安を感じるときは、購入するときに店員さんにお願いすると、してくれるときも有ります。
男性、女性問わずに、同じようにカスタマイズすることが出来るので、是非試してみてはいかがでしょうか?
但し、慣れないうちは失敗はつきものですから、自己責任でお願いしますね。

 

SNSでもご購読できます。


トップへ戻る