ブランド品の偽物・コピーの見分け方、ブランド別にチェックするポイント  

ブランド品の偽物・コピーの見分け方、ブランド別にチェックするポイント  

ルイヴィトンやエルメスなどの超有名ブランドの、ほとんど見分けが使いほど精巧に作られたコピー品の見分け方や、そのポイントなどをご紹介します。

ルイ・ヴィトンの確認の仕方は、「LOUIS VUITTON」の文字の中にあり

まず一つ目にルイ・ヴィトンのバッグの確認の仕方を紹介していきます。
バッグのロゴをよく見てください。「L」と「T」の横棒が極端に短く「O」は真円になっているはずです。
そうなっていないで、「Rマーク」や小文字の「a」「e」がつぶれ、読みづらくなっていたらそれは偽物だと言えます。
ルイ・ヴィトンのバッグに関してはこのような確認の仕方があると言えます。

エルメスのバッグの確認は、ロゴと留め具で判断すべし

次にエルメスですが、これは割とわかりやすいことが多いのではないかと思います。
というのもエルメスのバッグは、ロゴが刺繍されているものが多いので、刺繍が少しでも荒かったり、カクカクとした印象があれば、それは偽ブランド物の可能性があります。
また留め具なども、ルイ・ヴィトンでもそうなのですが、かなり荒い整形がされいる場合、偽物の可能性を疑ったほうがいいでしょう。

番外編:ロレックスの偽物は「ロゴがフニャッとしてる」!?

おまけですが、ロレックスの時計の場合、ロゴマークである王冠が曲がっていたり、プリントでない場合、偽物の可能性があります。
またROLEXのロゴも、プリントで済まされている場合は、偽物です。
ROLEXブランドの時計は全部ロゴの部分をペンキで印刷していますので、そうでない場合、ほぼ確実に偽物です。
またROLEXの自体が少し太っていたり、ぼやっとしている場合も、だいたい偽物です。

失礼ですが、あなたの今つけている腕時計は本物ですか?
もしいま確認したチェックポイントに少しでも共通している所があれば、ブランドの確認、鑑定をしてくれるお店に持ち込み、確認をしてもらうことをおすすめします。
偽物か本物かを見分ける簡単な場所が、おそらく金属部品ということになるのではないでしょうか。
留め具やその他金具の作りが荒い、あるいは曲がっている、等の場合も疑う余地ありです。

 

SNSでもご購読できます。


トップへ戻る