カビ・湿気からブランド品を守る方法  

カビ・湿気からブランド品を守る方法  

ブランド品にとっての大敵の1つはカビです。ヨーロッパなどで生まれたブランド品の多くは日本の湿気を想定していません。思わぬ伏兵に大切なブランド品をダメにさせられないためにも、対策を知っておく必要があります。

虫干しをしましょう!

ブランド品は引き出しや箱、狭いクローゼットにしまいっぱなしだと湿気を帯びます。
湿気は変色やカビ、劣化、虫食いの原因になります。定期的に虫干しを行いましょう。虫干しとは風を通して物の管理や保管を行うことです。
まず、出来れば2日間連続で晴れた日に、直射日光の当らない風通しのよい場所にブランド品を置きましょう。
雨が降った次の日は床から湿気が上がってくるのでお勧めしません。
しまう時も直射日光にあたらない場所に保管しましょう。また、除湿機を使うのも有効です。

保存袋に入れるの出来れば控えましょう。

高級ブランドを購入すると必ずといっていいほどついてくる保存袋。そこに入れて保管している方も多いと思います。でも保存袋に入れてしまっておくと、ブランドバッグに大敵の湿気が溜まりやすく、さらに箱に入れている方は片崩れの原因にもなってしまいます。
まずはそこから出して、きれいなタオルなどを丸めて詰めて保管しましょう。あまりギュウギュウにするのも良くありません。
また、新聞紙を詰めると文字の色がバッグに移ったりしてしまいますので、詰めるものは通気性の良い白いタオルなどを入れ、ときどき出して虫干ししましょう。
どうしても箱や袋に入れてしまいたい方は、お菓子などについてくる湿気取りを一緒に入れて定期的に取り換えましょう。
これだけでも大分効果はあるはずです。

日ごろからメンテナンスが大切です。

特に高級バッグには革が使われているものが多いです。全体が革製品の物、持ち手の部分だけに使われているもの、合革、本革、色々あります。革製品は素材に合わせてケア用品専門のメーカーで、定期的にお手入れしましょう。色つやが蘇ります。
また、雨の日には使わないことが一番いいのですが、急に雨が降ってくる場合もありますよね。
そういうときの為に防水スプレーをしておくことをお勧めします。しかし素材によっては防水スプレーで色が変わってしますものもあるので、購入時に店員さんに必ず聞きましょう。

高級ブランドのほとんどヨーロッパの気候に合わせてつくられています。
日本は湿気大国ですので、ほっておくとあっという間に加水分解が起こり、バッグの中がべたべたになったり、カビが生えたり変色したりなんてことになってしまいます。高いものですので、ずっと長くきれいなままで愛用したいですよね。
その為には、日ごろからケアを怠らず、大事に扱ってあげることが重要です。

SNSでもご購読できます。


トップへ戻る