スーツのお手入れ方法  

スーツのお手入れ方法  

お手入れ方法や保管方法で寿命が変わると言われているスーツ。ハンガーの選び方からブラッシングの仕方、クリーニングの出し方まで長持ちさせるためにお薦めしたい方法です。

ハンガーの選び方

スーツのジャケットは立体感がありますので、肩の部分に厚みのあるハンガーを選びシルエットが崩れないようにしましょう。
また、ハンガーの種類、サイズは豊富なので、肩幅もがきるだけあったものを選ぶようにしましょう。そして、肩の部分の素材は湿気対策ができる木製のものにしましょう。同じように、スラックスやスカートのハンガーの素材も木製を選ぶようにしましょう。

ブラッシングの仕方

まず、生地に対してブラシが直角になるようにあてて、下から上へブラシをかけていき、ほこり等を浮かします。次に、上から下へかけていき、ほこり等を落としていきます。
また、襟元や肩は、毛髪やフケがたまりやすいので、汚れを見落とさないように丁寧ブラッシングしていきましょう。
その際は、縫い目にそって汚れをかき出すように落としていきましょう。

クリーニングに出すときに注意したいこと

当たり前のことですが、ポケットの中身はしっかりチェックしておきましょう。
また、汚れやほつれている部分があれば、そのことを伝えておくことも大切です。
意外に気にしないところでは、上下を別々に出すことです。クリーニング回数が変わってしまうことで、色味が違ってきてしまうので注意しましょう。最後にクリーニング後の不具合がないかチェックをして完了です。

スーツは、早々買い換えるものでもないのですが、値段も使う頻度も高いので、できるだけ長く着ていたいものです。だからといって、よれよれになってまで着ていてはだらしなく見えてしまいます。いかに長く着ていられるかが、お手入れひとつで変わるものなら是非実行したいと思うはずです。正しいお手入れ方法で美しく長く着用してください。

SNSでもご購読できます。


トップへ戻る