大事な革靴を、長持ちさせる方法  

大事な革靴を、長持ちさせる方法  

お金を貯めて購入した高価なブランド革靴。大切に長く履き続けるために覚えておいて欲しい3つの方法です。

初めて履く前に、一工夫!

高級ブランド品などの素敵な革靴を初めておろすのはうれしいですよね!でも、待って、そのまま出かける前に一手間かけておきましょう。それだけで革靴の寿命はぐっと長くなります。
防水スプレーか保護クリームを塗っておきましょう。防水になるだけではなく、ホコリや泥も付きにくくなります。初めて掃いた日に雨にでも降られてしまったら、悲しすぎますからね!

革靴は、休ませてあげるもの

どんなにお気に入りの靴でも、そしてとりわけ革靴は、毎日履くものではありません。1日履いたら、2ー3日は休ませてやって下さい。
その際に、靴の革が吸い込んだ汗などの水分を放出し、もとの形に戻ろうとします。この時、正しい形に戻るのを助けてくれるのが「シュー・キーパー」です。革靴を休ませるときは、常に使うようにして下さい。

出先で大雨に降られてしまったときは

たとえ防水スプレーをかけていても、台風などの大雨に降られてしまっては、ひとたまりもありません。濡れてしまった革靴は、まずはしっかりと乾燥させてあげて下さい。
古新聞の上か、あれば乾いたレンガの上に置けば水分を吸収してくれます。その後風通しの良いところで陰干しにします。
このときも、靴の型くずれを防ぐために、中にシュー・キーパーか古新聞などを詰めてあげましょう。

革靴を長持ちさせるには、水分をしっかり放出させてあげることが大事なポイントです。けれど、日向に置いて乾かしたり、ドライヤーを使って乾かすのはお勧め出来ません。
皮は急激な温度差に弱いので、型くずれや、ひび割れを招いてしまうからです。あせらず、じっくりお手入れして下さい。
それが、大事なお気に入りの革靴を、一日でも長く使うことにつながります!

SNSでもご購読できます。


トップへ戻る