被害拡大を防ぐドレスの染み抜き方法  

被害拡大を防ぐドレスの染み抜き方法  

お気に入りのドレスにシミが出来てしまった。それが初めて袖を通したドレスならショックは相当なはず。でも気落ちしている暇はありません。しみ抜きは時間との戦いです。

染み抜きの「これはだけは、やってはいけない」

パーティーで飲み物や食べ物をドレスにこぼしてしまった!!誰しも経験がありますよね。染み抜きは、とにかく時間が命。時間が経てば経つほど落ちにくくなりますから、こぼしたらすぐに、染み抜きをしましょう。
この時、絶対にしてはいけないことが「こする」こと。
染みは基本的に叩いて「抜く」ものです。こすることは被害を広げるだけ。覚えておいて下さい。

水性の染みは、水だけで

コーヒー、紅茶、ワイン、醤油などは、基本的に水性の汚れですから、石鹸や洗剤は不要です。むしろ蛍光剤や漂白剤の入っている洗剤を使ってしまうと、色落ちや変色の原因になり兼ねません。
こぼしてしまったところに上下から濡れタオルを当て、染みの周辺から中心に向かって、タオルやブラシで叩いて染みを「落とし」てゆきます。色が見えなくなるまで、根気よく続けます。

油性の染みには、石鹸を

トマトソース、ドレッシングなどの、油性の染みの場合、先ずは乾いたティッシュで油分を取ります。
そのあとに中性洗剤や石鹸を含ませた布を押し当てて布地にしみ込ませ、その後、水をつけた布やティッシュで叩きます。
染みが薄くなってきたら、水分をティッシュなどで取って、おしまいです。
洗剤や石鹸を使う場合、布地によっては色落ちや変色を起こしてしまうので、先ずは目だたない場所で試してからにしましょう。

あっ!と思ったら「すぐに染み抜き」が鉄則ですね。
水性の汚れと油性の汚れで対処法が異なるのも、覚えておいて損はないかも。
いつまで染み抜きをしても薄くならない染みの場合や、下手に染み抜きをすると色落ちしそうな布地の場合は、最初の応急処置だけを自分でして、すぐにクリーニング店に持ち込みましょう。
油性の染みの場合、最初の「油分を抜く」ことだけでもすぐにしておくと、後で差が出ますよ。

※記事内容は方法の有用性・効果性を保障するものではありません。実施の際は、自己責任で内容をご判断ください。

 

SNSでもご購読できます。


トップへ戻る