旅行気分を高めてくれる高級ブランドのキャリーケースのまとめ  

旅行気分を高めてくれる高級ブランドのキャリーケースのまとめ  

旅行は最中はもちろん準備から楽しいものです。そんな旅行気分をさらにわくわくさせてくれるような、高級ブランドの魅力的なキャリーケースをまとめてみました。

バリー(BALLY)

167_01

Source:www.amazon.co.jp

革製鞄の老舗、バリーのキャリーバッグです。使われている革の品質は特上。ポケットが4つも付いたこだわりの機能性。BALLYのロゴが入った、シンプルでクールな南京錠も付いています。


ベネトン(UNITED COLORS OF BENETTON)

167_02

Source:mgkoro.com

ベネトンらしい、ヴィヴィッドでクリアーな色使い。ハッキリした2色を組み合わせて使い、丸っこいボディーに合わせているのがなんとも可愛らしいキャリーです。


バーバリー(BURBERRY)

167_03

Source:jp.burberry.com

黒と渋い焦げ茶の組み合わせ。そのシックな色目の中に、よく見るとバーバリー定番のチェックが見えて来ます。ブランドを前面に押し出すのではなく、でもその質の良さは隠しきれない。そんな上質のキャリーケースです。


167_04

Source:jp.burberry.com

落ち着いた上品なレッドが大人の気品を演出してくれそうです。ファッションのアクセントになってくれるキャリーケースです。


アコモデ(Accommode)

20代に人気のアコモデのキャリーバッグです。トランクをイメージした、とってもクラシックなデザイン。表面には、複数の色で織り合わせた帆布が使用されていて暖かな感じを醸し出しています。収納のための、中身の機能性も抜群です。


ルイヴィトン(Louis Vuitton)

ルイヴィトン定番のモノグラム柄ですが、ボディの形が丸みを帯びている可愛いデザインです。360°自在に動くキャスターや、ファイバーグラス製の軽い本体など、機能性もバッチリです。


持っていれば目立つこと間違いなしのキャリーケースです。美しいエナメルの艶と息を飲むようなレッドカラーのこのキャリーケースは旅行をさらに盛り上げてくれそうです。


ズーカ(ZUCA)

167_08

Source:www.zuca.jp

アイススケーター達が愛用していることで脚光を浴びた「座れるキャリー」、ズーカのキャリーケースです。フレームを配置したコンパクトなデザインに、収納用のオリジナルポーチが5つも付いて、使い勝手も工夫されています。


PESCAROLO(ぺスカロロ)

落ち着いたデザインの、ペスカロロのベージュのキャリーケース。ジッパーや金具には、しっかりとブランドロゴが刻印されています。付属の、ペスカロロオリジナルの、ユニークな形の南京錠も可愛いですね。


コーチ(COACH)

せっかくブランド品を持つのなら、他の誰も持っていないものが欲しいですよね。これは上質なコーチのキャリー。白がベースになっているのはレアです。日本未発売の新製品!


ボッテガべネタ(BOTTEGA VENETA)

メンズ用ではありますが、耐久性や荷物を上に置くことができる使い勝手の良さなどから、旅行などには最適で長く持てそうです。


グッチ(GUCCI)

167_12

Source:www.gucci.com

オフホワイトにブラウンのレザーがよく映え、上品さが漂っています。細部にまでGucciのロゴが入り、おしゃれな気分にさせてくれます。とてもひきやすそうなキャリーケースです。


プラダ(PRADA)

167_13

Source:store.prada.com

ハンドルが二か所につき、またファスナーも2wayで開閉でき、外側にポケットがついた機能性の良さがあり、落ち着いたブルーが上品です。


サルバトーレフェラガモ(Salvatore Ferragamo)

非常にスタイリッシュなデザインに加え、最新のテクノロジーを使用したキャリーケースはデザイン性と機能性を兼ね備えています。ぜひ使ってみたいです。


エルメス(HERMES)

167_15

Source:japan.hermes.com

スクエア型というフォルムに、薄めのブラウンのレザーという可愛らしさが魅力的です。ハンドル部分のフォルムもカラーもおしゃれです。


フェンデイ(FENDI)

167_16

Source:www.fendi.com

メンズ用ではありますが、非常にシンプルなので持っていく場所を選ばず、また自分なりのアレンジも楽しめそうです。


如何でしょうか。
それぞれのブランドから、ポップなものからシックで落ち着いたデザインまで、いろいろなキャリーバッグが出されていて目移りがしてしまうかもしれません。
キャリーケースは、ちょっとした旅行や宿泊を伴う遠出などに使うことが多いと思います。落ち着いたものをひとつ持っていればどんな場面でも対応できますが、行き先やシーズン、持っていく服装、一緒に行く相手によっては少しアクセントのあるものを持つのも旅の楽しみになると思います。
使う頻度が通常のバッグよりは少なくて、何度も買い替えるわけではありません。耐久性や機能性もキャリーケースを選ぶ際は気になるところです。

 

SNSでもご購読できます。


トップへ戻る