「差し色」ってどう使うの?ファッションに差し色を使う方法  

「差し色」ってどう使うの?ファッションに差し色を使う方法  

いつの間にか同じ色のコーディネートばかりになっていませんか。絶妙な色使いは私には難しいと思っていませんか。差し色を効果的に使ってファッションの幅を広げてみましょう。今回は基本から差し色の使い方を確認します。

先ず、基本の差し色コーディネイトを試してみましょう

差し色をポイントにしたおしゃれをするには、先ず、全体をほぼ同じトーンでまとめなければなりません。
差し色上級者であれば、濃い色で統一したファッションに、淡い色の差し色を加えることももちろん可能ですが、先ずは、差し色使いの基本、淡い色目にヴィヴィッドな差し色コーディネイトを試してみましょう。
ベージュやオフホワイトの淡い色合いのワンピース、または、ベージュのワンピースにホワイトのカーディガンなど、近い色目の服を組み合わせます。

差し色は「小」物で入れましょう

基本の淡いカラーの中に、全く違うキリッとした色を入れることで差し色使いが成立します。
ストールなど比較的大きなもので差し色を入れてしまうと、全体の面積の中で基本の色と相殺しあってしまい、効果的な差し色使いになりません。全体の中で小物だけを差し色にするのがより効果的。
例えば、靴だけ、ベルトだけ、スカーフだけ、帽子だけ、バングルだけ、といった感じで考えましょう。

同色系ではない色を差し色にコーディネートしてみましょう

ベースの色と同色系のものを差し色で入れようとしても、色が近すぎると十分なコントラストが出せません。
例えば、水色のベースに紫の小物使いや、焦げ茶の服にオレンジなどの組み合わせですね。

差し色で引き締まった印象を出すためには、全く違う色身を組み合わせるようにしましょう。
例えば、ベージュ地にライムグリーン、淡い黄色地にはっきりとしたネイビー・ブルー、グレイ地に深紅などの組み合わせです。
くすんだ色のベースには、ヴィヴィッドな色を、黒や白系のベースであれば、ショッキング・ピンクなどの主張のはっきりした色を。
きつすぎる補色同士の組み合わせも、差し色としてなら、素敵なコーディネイトになります。

効果的な差し色使い、是非試してみたいですね。慣れてくれば、差し色小物の2点使いもおすすめです。
例えば帽子とベルト、靴と小さめのショルダーなどの色を合わせてみましょう。自分には似合わないと思って避けていたような色も、差し色としてなら全く違う使い方が出来るので、ファッションの楽しみの幅が広がること請け合いです!

SNSでもご購読できます。


トップへ戻る