冠婚葬祭用の服の普段着としての着回し方法  

冠婚葬祭用の服の普段着としての着回し方法  

使わなくなった就活スーツや使う機会の少ない喪服をおしゃれな普段着として着まわすやり方について記載しています。

就活スーツをおしゃれ着にしてみましょう

大学の卒業が近づくと、誰もが購入するであろう就活スーツはおせじにもおしゃれとはいえません。
その就活スーツ、就職後は使わなくなってしまうのはもったいないとおもいませんか。
そんな就活スーツをおしゃれに着こなす方法があります。それは、デニムに合わせることです。
最近の流行のファッションでは、女性の方はジャケットを着用することがあると思います。その場合、ジャケットの質の高さよりは、全体としての色のバランスが重要になります。
就活スーツのジャケットはもちろん黒です。黒いジャケットには花柄のスキニーを合わせると良いでしょう。花柄のスキニーにヒールの低めのパンプスとシフォン素材のインナーを着て、就活用のジャケットをはおれば、あなたもすぐにおしゃれスーツの社会人になれますよ。

普段着を友だちの結婚式用のドレスにしてみましょう。

一生に一度の晴れ舞台である結婚式ですが、友人の結婚式にお呼ばれする時にいちいち新しいドレスを購入するのはもったいない気がしませんか。
とはいえ、そこには久しぶりに会う同級生や会社の上司などがいらっしゃるでしょう。そんなときに便利なのは、ワンピースです。ワンピースは私服でも着れるレベルの物で問題ありません。
そこにアクセサリーなどを足してドレスアップしてみると良いでしょう。真っ先に用意すべきはパールのネックレスです。パールのネックレスをするだけで、フォーマルな雰囲気になります。
また、結婚式はお祝いの場ですので、低めのヒールではなく7cmから10cmくらいのヒールを選ぶと良いです。ワンピース自体は、無地のものが好ましく、色は淡いもののほうが良いでしょう。また、はおりとしてボレロなどがあるとよりドレッシーになります。

喪服をおでかけ着にしてみましょう

お葬式の際に必要になる喪服ですが、使う機会はあまり多くありません。しかし、だれもがすこし値の張る喪服を購入していることだと思います。
そんな喪服は、クラシックのコンサート等に参加する際に便利です。喪服自体はワンピースのものよりも、セパレートタイプのものを選ぶと着回しがしやすいです。
まずは、喪服とは別に黒いレースのトップスを購入します。黒いレースのトップスから肌が透けて見えるくらいのバランスで、喪服を着ます。そして、靴は赤などの派手な色のものを合わせます。
そうすることで、誰もあなたの着ている服が喪服だとは思わないはずです。

如何でしょうか?
短い文章ではありますが。自分の得意な、着回しについて書かせていただきました。
お金がないので、冠婚葬祭のためだけに服を買うことができません・・・という女性にはお薦めの方法です。

SNSでもご購読できます。


トップへ戻る