胸が小さい人でも胸元がふっくらして見えるファッションテクニック  

胸が小さい人でも胸元がふっくらして見えるファッションテクニック  

胸が小さい人向けのファッションテクニック。着こなしひとつで、胸元を大きくふっくらして見せることができます。

胸元にデザインのある洋服を着よう!

胸元にギャザーがよった服や、フリルのある服は胸の小ささをカバーしてくれます。また胸にタックの入ったデザインは、胸のあたりにほどよいたるみができるので胸元を豊かに見せてくれます。逆に体のラインにそったぴったりとしたトップスやデザインがシンプルな洋服は胸の大きさが分かってしまうので、なるべく避けるようにしましょう。

ウエストのラインを強調しよう!

ウエストを強調するとバストがふっくらして見えます。丈の短い羽織ものを着てウエストを見せたり、ミニ丈のボレロやショート丈のベストもおすすめです。
ミニ丈のボレロはAラインの裾の広がったワンピースと組み合わせるといいでしょう。ベストはTシャツの上に重ね着をして胸元にポケットやタックが入ったデザインのものを選ぶとよりいいでしょう。

洋服の色や素材でカバーしよう!

胸元をふっくら見せたいときは、暖色系のトップスを選ぶようにしましょう。黒や青などの寒色系ではなく赤やオレンジ、パステルカラーなどの暖色系を選ぶと膨張色なので、胸を大きく見せることができます。
またおすすめの素材は、ふんわり柔らかいアンゴラがいいでしょう。
ニットは体にぴったりするものは避けて、凹凸のある素材のニットを選ぶと効果的です。

胸が小さいとどうしてもコンプレックスになってしまいがちですが、着こなし1つで少しでも大きさをカバーすることができます。胸を大きく見せたい場合は、シンプルな洋服よりは立体的なデザインの洋服を選ぶようにしてみるといいと思います。暖色系やパステル系の色を選ぶと柔らかい印象になって、それが胸をふっくら見せることにつながります。うまく着こなしてオシャレを楽しんでください。

SNSでもご購読できます。


トップへ戻る