ブランド品を売りたいと思った理由 ランキング  

ブランド品を売りたいと思った理由 ランキング  

クローゼットの中に使っていないブランド品があるのは分かっている、という方も多いと思いますが、そもそも人間はどんな時にブランド品を売却したいと思うのでしょうか。今回はブランド品を売りたいと思ったきっかけをランキングとしてまとめました。

当社でブランド品を売ったことがあるユーザーにアンケートをとったところ、下記のような結果となりました。

1位 断捨離 72票
2位 お小遣いが欲しかった 39票
3位 気に入らなかった 10票
4位 デザインが古くなった 4票
その他 3票

※アンケートの総投票数: 100名

やはり圧倒的に多いのは「断捨離」が理由でした。
特に「もう使わなくなったから」、「引っ越しで荷物を整理した」等の理由が多く見られました。

そして2位は「お小遣い」目当てです。
「要らなくなったけど、捨てるよりは少しでもお金に変えたい。」という理由や、「新しいブランド品を買うお金の足しにしたい」等の理由が多く見られます。

少数派ですが、「頂きものだが、デザインが気に入らず使わないので売ってしまう」
というケースや、「デザインの流行が過ぎたため」等の理由も見られました。

思い切った断捨離を行ったときはもちろんですが、使わないでいるブランド品がありましたら、早めに決断することで、流行が過ぎて価格が下がってしまうのを防ぐことができます。

 

SNSでもご購読できます。


トップへ戻る