ブランド品の売却先ランキング  

ブランド品の売却先ランキング  

ブランド品を売却するとき、通常、皆様はどこで売却されているのでしょうか。今回はブランド品を売ったことのある人にどこで売ったかを調査しました。

ブランド品を売ったことがあるユーザーに対してアンケートを実施して、ブランド品を売却した先を調査しました。
※アンケートの総投票数: 100名

ブランド品をどこで売りましたか?

1位 店舗 59%
2位 ネット 47%
3位 フリマ 4%

どこで販売するかに関しては店舗が59%、WEBが47%、フリーマーケットが4%となりました。
ネットでは店舗に行かなくて良い「宅配買取」を打ち出しているところが多いですが、それでも尚、店頭に持ち込む方が多いようです。宅配買取は商品を送ってしまうため、もし商品を送り戻してもらう際には時間がかかり、相見積もりをかけることが難しくなります。店頭への持ち込みであれば、移動の手間はかかりますが、幾つものお店を回って査定をしてもらうことが可能ですので、少しでも高く売りたい、という方がお多いと思われます。

売却した店舗の詳細

1位 リサイクルショップ 38%
2位 大黒屋 13%
3位 ブックオフ 10%
4位 エコリング 10%
5位 質のウエダ 5%
6位 コメ兵 3%
7位 その他 21%

店舗の詳細ですが、リサイクルショップが38%、大黒屋13%、ブックオフ10%、エコリング10%、質のウエダ5%、コメ兵3%となっています。
リサイクルショップへの持ち込みが多いようですが、他には大黒屋さま、ブックオフさま、エコリングさま、コメ兵さまなど宅配買取を行っている有名店が名を連ねています。

売却したネットの詳細

1位 オークションサイト 53%
2位 買取サイト 41%
3位 フリマアプリ 6%

ネットの詳細ですが、オークションサイト53%、買取サイト41%、フリマアプリ等6%となっています。
オークションサイトで売る方が約半数いらっしゃいますが、やはりオークションサイトの魅力は買取サイト等に売るよりも手元に戻ってくるお金が多いことが挙げられます。
ただし、オークションサイトへの出品は商品写真の撮影や登録などの手間がかかるため、買取サイトに売却するケースも多くなっています。

また、最近ではフリマアプリの台頭も見逃せません。
オークションサイトに出品するよりも簡単気軽に出品できることもあり、ユーザー数は急速に増加しているようです。

<番外編>

フリマアプリは簡単に売れる分、気をつけなければいけない部分があります。
それは、「値切り」です。この値切りがフリーマーケットの醍醐味でもありますが、大体の商品が値切りを要望されます。
値切った上に、配送料も出品者持ちになることがほとんどですので、高く売りたい、という方にはあまり向いていないかもしれません。

委託販売は、ブランド品を販売する方法として、まだあまり一般的な方法ではありません。
即金にはなりませんが、高いお金に換えた人にとっては魅力的な方法です。
是非、売却方法としてご検討ください。

 

SNSでもご購読できます。


トップへ戻る