目的や場面で高級ブランドの靴を使い分ける方法  

目的や場面で高級ブランドの靴を使い分ける方法  

高級ブランドの靴を履くと、靴はその人の立ち姿を綺麗に見せるため、背筋が伸び、颯爽と、また凜とした気持ちになれるものです。
ただ、現代社会においては、通勤などで履くにはヒールが高すぎるものもありますので、目的に応じてヒールの高さは使い分けるようにしたほうが、足の形や身体の骨格にも影響が少なくて済みます。

場面によってヒールの高さを使い分ける

高級ブランドは、ハイヒールからピンヒールに近いものが多いですが、最近は、通勤時でも無理なく履けるヒールの高さの靴を作っているブランドもあります。
通勤時は5センチくらいまでのヒール、パーティーは7センチなど、目的によって、履く靴も使い分けることをおすすめします。
高すぎるヒールは、歩くときに膝が曲がってかえって不格好になるので、自分が歩いたときに、綺麗にみえる靴を選ぶようにしましょう。

雨の日には履かない

雨の日に高級ブランドの靴を履いてしまうと、一気に革が傷みます。天気予報を見ながら、雨の確率が高い日には、高級ブランドの靴は休ませるようにしましょう。そうすることで、いつまでもその靴の革の輝きが保てます。
雨天時には、一般的にローヒールが多いですが、雨の日でも履けるブランドの靴がありますので、それを使うようにしましょう。

帰宅したら靴磨き

帰宅したら、その日の汚れをその日のうちに取ってしまいましょう。柔らかい布で汚れをまずさっと落とし、靴磨きクリーナーで靴の表面をきれいにします。時間はかけなくてもいいので、毎日行うことが大切です。
雨の日にやむを得ず履いてしまった場合は、新聞などを丸めて靴の中に詰めておくと、靴にしみこんだ水分を吸い込んでくれます。

同じ靴は毎日履かない

お気に入りになると、ついヘビーユースしてしまいがちですが、一日に数千歩以上歩くと、靴は相当疲れてしまっています。
大切な靴は、必ず履いた翌日は休ませるようにしてください。そうすることで、長い期間お気に入りの靴を履くことができます。お気に入りの高級ブランドの靴は、何足が持っておくと、履きまわしができるので便利です。

靴を消耗品と捉えるか、オシャレと捉えるかで、その人の靴に対する気持ちや扱い方が変わってきます。
毎日使うものなので、消耗していくのはしかたありませんが、手入れや履き方を少し変えるだけで、オシャレなままで長く履くことができると思います。
オシャレが好きな方は、ぜひ足元のオシャレにも気を配って、いい靴を履いていただければと思います。

SNSでもご購読できます。


トップへ戻る