海外セレブに学ぶ今年はやりのサロペットの着こなし方

海外セレブに学ぶ今年はやりのサロペットの着こなし方

今年はサロペットがハヤリで、早速海外セレブ達もそれを取り入れているので、参考になるファッションを紹介したいと思います。

ケイト・ボスワース

262_01
Source:elle.co.jp

やっぱりオシャレ上級者のケイトはひと癖あるものを選びます。ブルーのデニム生地ではなく、ブラックをチョイスする所がちょっと大人な印象に仕上がりますよね。
高級バッグとトップスをホワイトにする事によってブラックとホワイトのオンオフコーデができてとてもメリハリがあります。
裾の部分はあえて折り曲げて9分丈にしましょう。

ジェシカ・アルバ

262_02
Source:jinclude.com

顔は見えないですが、ジェシカアルバです。やっぱり王道を進むジェシカは1番のベーシックスタイルを選びました。
デニム生地に軽めのスリムタイプのサロペットです。これが1番女性の体型に合った物で、ウエスト部分が緩めにできていて下に行けばいくほど細みを帯びてくるのですらっとした体型に見えます。こちらも裾は折り曲げるのがマストです。

アレクサ・チャン

262_03
Source:elle.co.jp

個性的で自分流ファッションを展開するアレクサはやっぱり普通のサロペットではありません。サロペットはサロペットでもスカートタイプの物です。
赤のフラットサンダルと丸首Tシャツと合わせただけでは少し子供っぽくなってしまいますが、それをシャネルのブラックのチェーンバッグで引き締めた所がさすがオシャレ番長という感じです。

今年は本当にサロペットがはやっていてよく見かけます。
ただ、これは形を選び間違えるとただの作業着にしか見えなくなってしまいますから、形や色合い、ポケットの位置などを考えながら自分に合った物を試着を何度もして考えながら買うのがベストでしょう。
上の例でいえばジェシカタイプが1番誰にでも合う物なので良いなと思います。

 

SNSでもご購読できます。


トップへ戻る