ブランド買取専門店とリサイクルショップの違いを現役バイヤーが解説

2022.06.25


皆様こんにちは!retroバイヤーの佐山です!

買取の仕事をやっているとお客様や友人・知人から

「こんな物を売りたいがどうすればいいか?」といった相談をよく受けます。

もちろん昨今フリマアプリ等もあると思いますが・・・

出品が面倒、トラブルが不安等の理由から「お店に買取してもらう」という選択肢があると思います。


でもどこに査定してもらえばいいのやら・・・


今回はそんな方の為に、ブランド買取専門店で5年、某大手リサイクルショップで3年の勤務経験がある私が、ブランド買取専門店とリサイクルショップの違い、どちらにどんな物を査定してもらうのがオススメなのか、極力わかりやすく解説していきたいと思います!!



買取専門店とリサイクルショップの違い




「ブランド買取専門店」と「リサイクルショップ」の買取は同じような物だと思っていませんか?

これ実は結構違うんです!!!!

どんな違いかというと「バー」「居酒屋」の違いだと私は思っています。

バーは「お酒」に対する専門性が高く、お酒の専門家のバーテンダーに対応してもらえます。

これと同じようにブランド買取専門店は「ブランド品」に対する専門性が高く、最新の相場を把握したバイヤーが査定をしてくれます。

対して居酒屋は「お酒」の専門性は低いですが、おつまみ等メニューが豊富でリーズナブルに楽しむことができます。

これは専門性は高くないですが、様々な商品を取扱うリサイクルショップと似ています。

つまり「バー」と「居酒屋」を買取店に置き換えていくと・・・


「お酒」に特化したサービスを提供するバー=ブランド買取専門店

メニューが幅広くリーズナブルに楽しめる居酒屋=リサイクルショップ
 


次は具体的な査定方法の違いに関してご説明したいと思います。

正直リサイクルショップは大体の査定をシステムで行う事ができてめっちゃ楽でした。
(特に本とかゲームはバーコード読むだけで一発です!)

システムが充実しているからこそ、家具、家電、日用雑貨など様々な商品を取扱う事ができ、アルバイトの方でも簡単に査定業務を行う事ができます。

ただシステム通りの査定金額になるので、いまいち融通はききません。

対してブランド買取専門店はバイヤーが国内外の販売相場+「古物市場」と呼ばれるオークション相場等を考慮して査定額を決めます。

※「古物市場」に関する説明は次の「買取専門店でのオススメ査定品」で解説させていただきます。

またブランド買取専門店の場合は宝石用のブラックライト、ルーペ、貴金属用の比重計(重さから貴金属の純度を図る機械)等備品に関しても環境が整っています。

しかし専門性を高めるために、取扱いブランド・アイテムを絞っている場合が多く、利用前にお品物の取扱いがあるか問合せをする事をオススメします。

ブランド買取専門店でのオススメ査定品



当然ブランド買取専門店での査定のオススメ品は「ブランド品」となりますが、なぜブランド買取専門店が良いの、その理由を深掘りしていきたいと思います。

そのためにまず、先程私が触れた古物市場についてざっくり説明させていただきます。

古物市場とは買取業者同士が商品を売買しあう場所です。

つまりプロ対プロのオークションで、落札者は自分のお店で落札商品の販売をします。



古物市場にも車、不動産等の様々なジャンルがありますが、ブランド品の古物市場は近年海外のバイヤーが参加している事から、非常に相場が上がっています。

正直シャネルやヴィトンの一部商品は、国内販売価格と同程度の金額で売れる場合もあります。

・・・日本人としては複雑ですが、円安は海外バイヤーに優しい!!( ;∀;)

こうした古物市場の情報を知っていれば、正確な査定額を案内する事ができ、相場の上昇等にもすぐに対応できます。

リサイクルショップでもシステムを作っている方が「古物市場」に行ってリサーチをしている場合もあるのですが、システムに相場が反映されるまでにラグがあるため、リサイクルショップでは最新相場での査定は難しいのが現状です。

上記の理由から「エルメス」「シャネル」「ヴィトン」等の世界的にも有名なラグジュアリーブランドはブランド買取専門店での査定がオススメです!!!


リサイクルショップでのオススメ査定品



まずリサイクルショップを利用する最大のメリットは「だいたいの物は買ってくれる」

これに尽きるのではないかと・・・

もちろん次に使う方の身に危険が及ぶような物や、公序良俗に反する物だと難しいのですが、自分が某大手リサイクルショップに勤務していた時は、結構色々な物を買取していました。

記憶に残る物だと「水牛の角」や「囲炉裏付きのテーブル」等の変わり種から、鍋、フライパン等の日用品から壊れた家電などなど・・・
 

あとリサイクルショップだと1万円以下のG-SHOCKとか超売れ筋です。

当時私が勤務していたお店では、近くのカレー屋のオーナーさん(インドの方)が、まとめて20本くらい買っていってくれた事もありました。

帰国した際のお土産にするんだとか・・・

G-SHOCK全部買ウYO!!!!!!

また洋服に関しても、国内セレクトショップや、知名度が低いドメスティックブランドでも査定してくれる場合が多いです。

ブランド買取専門店では、基本的には「古物市場」に出品されるようなTHEブランドといったアイテムが好まれ、上記のようなアイテムは取扱いが無い場合も多いです。

ですが店頭販売がメインのリサイクルショップであれば、販売価格が1,000円~3,000円程度の安価な商品でも1点につき数百円はお値段が付くので、是非査定してみる事をオススメします。


【結論】結局どっちがオススメ?




では最終的にどちらに査定をお願いするのがいいのでしょうか?

私としては「上手に使い分ける事」が重要だと思います。

最初に「バー」と「居酒屋」で例えましたが、皆さん食事や飲みに行く際に、お相手の方によってお店を選びますよね?

恋人や友達、記念日、会社の忘年会等シチュエーションに合わせたお店選びをするかと思います。

でも皆さん買取店を使い分けるって発送あまりなかったのではないでしょうか?

仮に古い・ダメージがある物でも、有名ブランドのアイテムであれば、相場が上昇している可能性もあります!

その道に精通した「ブランド買取のプロ=ブランド買取専門店」に一度見てもらう事を強くオススメします。

逆に金額よりも、とにかく楽に手放したい場合や、なんとなく捨てるのが忍びないなんて物はリサイクルショップに出してスッキリさせちゃいましょう!

せっかく買取を利用するのであれば、時間や労力、なにより金額での損をしないために、皆さん賢く買取店を使い分けて欲しいと思います。

この記事を書いた人

LINE査定で買取金額目安をお伝えします!

・どこの買取店を利用したら一番いいのかわからない
・できるだけ高く買取してほしいが買取相場がわからない
・この商品が本当に売れるのかわからない

まずはLINEで写真をお送りください。買取金額がいくらぐらいになるかお伝えします。

レトロのLINE査定はブランド査定士が直接担当し、実際の査定金額にできる限り近い金額をご案内します。

LINE査定は無料です。査定だけのご利用もOK。積極的に営業することもありません。

LINE査定(無料)はこちら