【買取情報】エルメス ケリー28 クロコダイルポロサスを買取りました!

2022.08.21





こんにちは!
retroバイヤーの堀です。


今回は1997年製造のお品物にも関わらず
非常にキレイなコンディションで入荷した
素敵なお品物をご紹介させていただきます^^





————————————
【ブランド】エルメス
【アイテム】ケリー28
【素材】クロコダイルポロサス
【カラー】グリーン
【製造年・刻印】□A刻
【コンディション】Aランク
【付属品】ストラップ、カデナ
クロシェット、保存袋×2
————————————


買取時のお話では
お客様のご祖母様が大事に保管されていた
お品物でございました。

金具はシール貼りでどの角度から見ても非常に美しく
私を含め社内のバイヤーが唸る代物でした。











事前に弊社のLINE査定をご利用いただきまして
他社と比較した結果、最高額査定だったそうです。

それでは、気になるお買取り金額です^^

買取価格は「3,300,000円」でございます。
(2022年7月時点)

お客様の購入価格は数年前に290万円だったそうで
購入金額以上で売却できてとても喜んでいただけました。

2,000年代以前のような古いバッグであっても
エルメスの場合、保存状態が良いと年々相場が上がることは
往々にしてございます。

また、クロコダイルポロサスという天然素材(エキゾチックレザー)
だったことも相場上昇に大きく影響しておりました。

そんなエルメスのエキゾチックレザーですが、
ある部分を見ると簡単に見分けることができるのはご存じでしょうか?

今回は買取情報とともにエルメスのエキゾチックレザーの種類と特徴も
併せてご紹介させていただきます。



エルメスの素材刻印


エルメスのアイテムに使われる素材はどれも高級なレザーばかりですが、
中でも爬虫類の素材は特別です。

クロコダイルやリザードの革製品は一見素人目ではわかりません。
ですが、エルメスはブランドロゴの横に素材を表す刻印が刻まれています。

それでは、買取させていただきましたお品物の刻印を確認してみましょう!



クロコダイルポロサス






HERMES PARIS の刻印横にございます
こちらの刻印→ 「Λ」

このマークが「クロコダイルポロサス」

です。

別名「スモールクロコダイル」とも言われ、今回のお品物ですと
表面に光沢があるので「クロコダイル ポロサスシャイン」となります。

東南アジアやオーストラリアを原産地とするクロコダイルで、
ワニ革の中でも最高級と言われている素材です。


クロコダイルニロティカス







HERMES PARIS の刻印横にございます
こちらの刻印→ 「・・」

このマークが「クロコダイルニロティカス」

です。

アフリカのナイル川流域が原産地のクロコダイルで、
ポロサスと同様に最高級の革と言われています。



アリゲーター







HERMES PARIS の刻印横にございます
こちらの刻印→ 「□」

このマークが「アリゲーター」

です。

主にアメリカのミシシッピ川流域が原産地のワニです。
クロコダイルレザーよりもウロコが大きめで、斑の中にある
「穿孔」と呼ばれる点状の模様がないのが特徴です。



リザード







HERMES PARIS の刻印下にございます
こちらの刻印→ 「-」

このマークが「リザード」

です。

東南アジアを原産地とするトカゲの革です。
細かく綺麗に並んだ班が特徴です。



まとめ


エルメスで使われる爬虫類素材の刻印を解説させていただきました。

天然素材から作るバッグは使用する部位が限定されるので
ワニ革なら一つのハンドバッグを作るのに2~3匹のワニが犠牲になっていると言われています。

動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)より
エルメスの専属供給業者の養殖場で残酷な手法で爬虫類が切り開かれていると指摘され、
話題になったこともありました。

そんな犠牲があって製造される希少な素材だからこそ、
年々価値が上がっているのかもしれません。

それでは皆様、また次回の記事でお会いしましょう!

この記事を書いた人