コーチ パックマンコラボ ラウンドファスナー 長財布 偽物(コピー品)の見分け方

コーチ パックマンコラボ ラウンドファスナー 長財布 偽物(コピー品)の見分け方

コーチ パックマンコラボ ラウンドファスナー 長財布 偽物(コピー品)の見分け方

コーチにも、コラボ商品など数量が限定されているモデルの偽物が出回りはじめました。
ここでは基準外のポイントを3つご紹介いたします。

コーチ偽物(コピー品)の見分け方 1:ロゴ

基準外

本物

本物のロゴと比較すると、基準外品(偽物,コピー品)ロゴの赤い丸の部分が不自然に長いことが分かります。
ロゴの字体は年代によって様々ではありますが、こちらの基準外品(偽物,コピー品)のロゴは明らかな違和感があります。

コーチ偽物(コピー品)の見分け方 2:レザープレート

基準外

本物

基準外品(偽物,コピー品)のレザープレートは、何が書いてあるのか読み取ることが困難なほど刻印が雑です。
本物は字がどれだけ小さくともアルファベット一つ一つがはっきり分かり、技術の高さが垣間見えます。

コーチ偽物(コピー品)の見分け方 3:タグ

基準外

コーチの財布には内側に型番が印字されたタグが取り付けられています。
先ほどのレザープレートにも型番の刻印がありますが、こちらの基準外品(偽物,コピー品)はレザープレートとタグとで型番が相違しておりました。
1つの商品に2つの型番は存在しませんので、基準外(偽物,コピー品)であると判断することができます。

まとめ

これまでコーチの偽物はあまり出回っていませんでしたが、コラボ商品などの数量が限定されている物につきコピーが作られるようになってきました。
今回は写真でも伝わりやすいポイントを紹介しました。