カナダグース エクスペディション 4660M ダウンジャケット 偽物(コピー品)の見分け方

カナダグース エクスペディション 4660M ダウンジャケット 偽物(コピー品)の見分け方

カナダグースのダウンジャケットには偽物が多く存在します。
ここでは基準外(偽物,コピー品)のポイントを5つご紹介いたします。

カナダグース偽物(コピー品)の見分け方 1:
ワッペン

基準外 基準外
本物 本物

画像を見比べるとカナダの形が異なることが分かります。
また字体も異なり、刺繍の粗雑さを目立つことから、ワッペンだけでも基準外(偽物,コピー品)を疑うことができます。

カナダグース偽物(コピー品)の見分け方 2:
ファスナープル

基準外 基準外
本物 本物

〇で囲われた部分"S"の形をよく見ると、基準外品(偽物,コピー品)は上下逆さまになっていることが分かります。
素材感もプラスチックを混ぜたようなバリ感があり、安っぽい仕上がりとなっています。

カナダグース偽物(コピー品)の見分け方 3:
内タグ / STYLE表記

基準外 基準外
本物 本物

基準外品(偽物,コピー品)の内タグにはSTYLE表記がありませんでした。
本物には必ずSTYLEやサイズなどの表記があるので、ここでも基準外(偽物,コピー品)を疑うことができます。 また素材感も異なりますので、本物を見慣れている人なら触っただけで違和感に気づけるポイントです。

カナダグース偽物(コピー品)の見分け方 4:
内タグ / クオリティータグ

基準外 基準外
本物 本物

クオリティータグを比較すると、まず色が異なることが分かります。
また赤○部分がインク潰れしてしまっていることからも、造りの粗雑さが窺えます。

カナダグース偽物(コピー品)の見分け方 5:
内タグ / ホログラム

基準外 基準外
本物 本物

最近の偽物(コピー品)にはホログラムシールが付いている物もあります。
しかし本物と比較するとそのデザインは全く異なりますので、ホログラムシールが付いていても惑わされないように注意が必要です。

まとめ

昔のカナダグースの偽物(コピー品)はレベルの低いものでしたが、最近はスーパーコピーと呼べるほど対策が進んだものも出てきています。
今回ご紹介したものはスーパーコピー程のクオリティーではありませんので、細部までしっかり確認すれば見分けられるレベルのものです。
衣類の真贋はロゴの字体やデザインだけでなく、内タグをしっかり確認することが重要です。