ロレックス デイトジャスト 時計 偽物(コピー品)の見分け方

ロレックス デイトジャスト 時計 偽物(コピー品)の見分け方

高い技術と絶大な人気を誇るウォッチブランド、ロレックス。 ここでは基準外のポイントを3つご紹介いたします。

ロレックス偽物(コピー品)の見分け方 1:
ロゴ

基準外 基準外
本物 本物

基準外(偽物,コピー品)のロゴが全体的に滲んでいることが見て取れます。 本物のロゴにはインクの滲みなど絶対にありえませんので、ここだけでも基準外(偽物,コピー品)を疑うことができます。

ロレックス偽物(コピー品)の見分け方 2:
カレンダー

基準外 基準外
本物 本物

カレンダーの数字にも基準外品(偽物,コピー品)はインク滲みが見受けられ、本物はキレイに仕上げられています。 また、”2″の字体も異なることからも基準外(偽物,コピー品)を疑うことができます。

ロレックス偽物(コピー品)の見分け方 3:

基準外 基準外
本物 本物

基準外品(偽物,コピー品)の赤〇枠部分に、バリ(断面にギザギザ)が見受けられます。 針のパーツを製造する際にバリが出てしまうのですが、本物では磨きをかける工程があるのでバリが残ることはありません。 肉眼ではなかなか確認が難しいポイントですが、時計の真贋ではこういった細かい造りを見ることが重要となります。

まとめ

本物であってもリダン(補修)がされている物にはインクにじみが見受けられることがあります。 時計の真贋はとても難しいので、プロの査定士にお任せください。