シャネル マトラッセ コインケース 偽物(コピー品)の見分け方

シャネル マトラッセ コインケース 偽物(コピー品)の見分け方

シャネル製品には偽物が多く存在します。 ここでは基準外のポイントを4つご紹介いたします。

シャネル偽物の見分け方 1:マトラッセ

基準外 基準外
本物 本物

“シャネルと言ったらマトラッセ”というほど、マトラッセは定番のシリーズです。 こちらの基準外品(偽物,コピー品)は、マトラッセが横向きになっています。 本物は縦長のダイヤ柄ですので、一目で基準外品(偽物,コピー品)を疑うことができます。

シャネル偽物の見分け方 2:ファスナープル

基準外 基準外
本物 本物

シャネルのコインケースや財布には、金具もしくは本体と同じカラーのレザーのファスナープルが使用されます。 こちらの基準外品(偽物,コピー品)は本体と異なるカラーのファスナープルが使用されてるので、ココでも基準外品(偽物,コピー品)を疑うことができます。

シャネル偽物の見分け方 3:ロゴ

基準外 基準外
本物 本物

シャネルは年代によってロゴの字体が違うので、ロゴだけで見分けるのは困難です。 本物と基準外品の画像を比較すると、本物は”A”の先が平ら、基準外品は”A”の先が尖っています。 “A”の先が尖っているのは基準外(偽物,コピー品)によく見られる特徴ですが、ここだけでは判断できません。

シャネル偽物の見分け方 4:シリアルシール

本物 本物

こちらの基準外品(偽物,コピー品)にはシリアルシールがありませんでした。 本物でも剥がれてしまうことがあるので、シリアルシールなし=基準外(偽物,コピー品)ということではありませんが、ひとつのチェックポイントです。

まとめ

偽物(コピー品)にはスーパーコピーから、一目で分かるレベルのものまであります。 完成度が低い偽物(コピー品)は造りやロゴの字体で見分けることができますが、シャネルの真贋は細部まで注意してみることが重要です。