シャネル ヴィンテージ ウエストバッグ ベルトバッグ 偽物(コピー品)の見分け方

シャネル ヴィンテージ ウエストバッグ ベルトバッグ 偽物(コピー品)の見分け方

シャネルは新作だけでなくヴィンテージ品も大変人気があります。 ここでは基準外(偽物,コピー品)のポイントを5つご紹介いたします。

シャネル偽物の見分け方 1:
ロゴ

基準外 基準外
本物 本物

画像を比較すると、本物はきちんと刻印が打たれた上にインクが乗っていますが、基準外品(偽物,コピー品)のロゴはのっぺりと印刷されているような仕上がりになっています。 自体や刻印の深さは年代によっても異なりますので、ここだけでは基準外(偽物,コピー品)と判断することはできません。

シャネル偽物の見分け方 2:
MADE IN FRANCE

基準外 基準外
本物 本物

本物と比べ、基準外品(偽物,コピー品)のインクが汚く滲んでいることが分かります。 年代の古いものには、本物でも滲みや擦れが見受けられることがあるので、まだ基準外(偽物,コピー品)と判断することはできません。

シャネル偽物の見分け方 3:
金具刻印

基準外 基準外
本物 本物

フラップ裏の金具にも刻印がありますが、こちらの字体は殆ど違いがありません。 基準外品(偽物,コピー品)のマイナスネジがプレートの素材と異なることが、違和感を感じるポイントです。

シャネル偽物の見分け方 4:
ココマーク金具

基準外 基準外
本物 本物

基準外品(偽物,コピー品)のココマークは平らで凹凸がありません。 お品物によってココマークの形は様々ですので、凹凸がない=基準外(偽物,コピー品)というわけではないですが、基準外(偽物,コピー品)を疑うひとつのポイントとなります。

シャネル偽物の見分け方 5:
フック金具

基準外 基準外
本物 本物

基準外品(偽物,コピー品)のフックには刻印がありませんでした。 フック部分に必ず刻印が打たれているわけではありませんが、多くのお品物には本物の画像のように刻印が確認できますので、こちらも基準外(偽物,コピー品)を疑うひとつのポイントとなります。

まとめ

シャネルのヴィンテージ品は判断が難しく、お店によってその基準が異なります。 今回は弊社独自基準からご紹介させていただきました。