シャネル Vステッチ チェーンウォレット バッグ偽物(コピー品)の見分け方

シャネル Vステッチ チェーンウォレット バッグ偽物(コピー品)の見分け方

ちょっとしたお出かけやパーティーバッグにも使えるシャネル チェーンウォレット。 ここでは基準外のポイントを4つご紹介いたします。

シャネル偽物の見分け方 1:
ココマーク

基準外 基準外
本物 本物

基準外品(偽物,コピー品)は C が重なっている部分のくぼみが汚く、全体的にぎらつきも見受けられます。 金具のココマークは製品の種類、年代によって若干形状が変わりますので一概には言えませんが、違和感を感じるポイントです。

シャネル偽物の見分け方 2:
チェーン

基準外 基準外
本物 本物

本物のチェーンはカーブ部分の表面が平らに処理されていますが、基準外品(偽物,コピー品)にはその処理がまだらです。 こちらの基準外品(偽物,コピー品)はチェーンがプラスチックのように軽いのですが、これは偽物(コピー品)によく見られる特徴です。

シャネル偽物の見分け方 3:
ロゴ

基準外 基準外
本物 本物

ロゴを比較すると、字体が全く異なることが分かります。 刻印が浅く所々インクが剥げてしまっているのも偽物(コピー品)によく見られる特徴です。

シャネル偽物の見分け方 4:
シール

基準外 基準外

シャネルの革製品には必ずシリアルシールが貼られています。
使用しているうちに剥がれてしまうこともありますが、シールの有無も見分けるポイントのひとつです。

こちらの基準外品(偽物,コピー品)にはシリアルシールがなく、剥がれた痕もありませんでした。

まとめ

偽物(コピー品)にはスーパーコピーから、一目で分かるレベルのものまであります。 完成度が低い偽物(コピー品)はココマークやチェーンの造りだけで見分けることができますが、シャネルの真贋は細部まで注意してみることが重要です。