グッチ デニムジャケット 衣類 偽物(コピー品)の見分け方

グッチ デニムジャケット 衣類 偽物(コピー品)の見分け方

幅広い年代から絶大な人気を誇るグッチ。 ここでは基準外のポイントを5つご紹介いたします。

グッチ偽物(コピー品)の見分け方 1:
ブランドタグ

基準外 基準外
本物 本物

こちらの基準外品(偽物,コピー品)には、GUCCIのブランドロゴがありませんでした。 タグは取れてしまうこともありますので、ないというだけで偽物(コピー品)と判断することはできませんが、ひとつのチェックポイントです。

グッチ偽物(コピー品)の見分け方 2:
組成タグ

基準外 基準外
本物 本物

画像を比較すると、基準外品(偽物,コピー品)の印字が薄いことが分かります。 洗濯を繰り返すと薄くなることもありますので、ここだけで偽物(コピー品)と判断することはできませんが、こちらもひとつのチェックポイントです。

グッチ偽物(コピー品)の見分け方 3:
ボタン

基準外 基準外
本物 本物

基準外品(偽物,コピー品)のボタンにはGUCCIロゴが刻印されていません。 グッチ製品であれば、本物の画像のようにGUCCIロゴが刻印されたボタンが使われますので、このポイントで基準外(偽物,コピー品)を疑うことができます。

グッチ偽物(コピー品)の見分け方 4:
ワッペン

基準外 基準外
本物 本物

こちらは同じ商品が用意できなかったのでワッペンのデザインが異なりますが、造りの違いに注目してください。 本物は手縫いで刺繍したような柔らかさですが、基準外品(偽物,コピー品)はミシンで刺繍したように固くチクチクした触り心地です。

グッチ偽物(コピー品)の見分け方 5:
プリント

こちらは比較画像が用意できませんでしたが、プリントの色が異なります。 この基準外品(偽物,コピー品)はビビットなカラーのプリントが施されていますが、本物は少しあせたような色をしています。

まとめ

グッチは人気ブランドなので偽物(コピー品)が多く存在しますが、その多くは造りの粗さで見分けることができます。 今回紹介した基準外品(偽物,コピー品)のように、衣類の真贋はボタンやワッペンなどの装飾品も重要なポイントです。