エルメス バーキン バッグ 偽物(コピー品)の見分け方

エルメス バーキン バッグ 偽物(コピー品)の見分け方

多くの女性が憧れる、エルメスのバーキン。 ここでは基準外(偽物,コピー品)のポイントを5つご紹介いたします。

バーキン偽物の見分け方 1:
ロゴ

基準外 基準外
本物 本物

画像を見比べると、基準外品(偽物,コピー品)のロゴはインクがにじみ、汚い仕上がりになっています。 しかし本物でもロゴがにじむことはあるので、ここだけでは基準外品(偽物,コピー品)と判断することはできません。

バーキン偽物の見分け方 2:
ファスナープル

基準外 基準外
本物 本物

通常ファスナープルには HERMES ロゴが刻印されていますが、この基準外品(偽物,コピー品)はロゴがないうえにファスナープルの形状も異なります。 ですが年代によって造りは変わるので、まだ基準外品(偽物,コピー品)と判断することはできません。

バーキン偽物の見分け方 3:
ファスナー下止め金具

基準外 基準外
本物 本物

最近のエルメス製品のファスナー下止めには、H 型の金具が使用されています。 年代の古いものは形状が異なりますので、金具の形だけで判断してはいけません。

バーキン偽物の見分け方 4:
プレート

基準外 基準外
本物 本物

〇で囲った部分、プレートのメッキが光の反射でギラついています。 本物がこのようなメッキ処理をすることはあり得ませんので、基準外品(偽物,コピー品)と判断する決定的なポイントとなります。

バーキン偽物の見分け方 5:
底鋲

基準外 基準外
本物 本物

偽物(コピー品)の底鋲に多く見られるのが、画像の基準外品(偽物,コピー品)のような台形のものです。 本物のバーキンは、台形に足が生えたような形のものが使用されています。

まとめ

バーキンの偽物(コピー品)は様々なタイプのものが数多く出回っています。 ご紹介いたしましたポイントの他にも、縫製や匂いやレザーの質感なども重要です。