ルイヴィトン アズール ジッピーウォレット N60019 財布 偽物(コピー品)の見分け方

ルイヴィトン アズール ジッピーウォレット N60019 財布 偽物(コピー品)の見分け方

ルイヴィトン アズール ジッピーウォレット N60019 財布 偽物(コピー品)の見分け方

ルイヴィトンの財布で断トツ人気のジッピーウォレット。
ここでは基準外(偽物,コピー品)のポイントを4つご紹介いたします。

ルイヴィトン偽物の見分け方 1:ロゴ

基準外

本物

ルイヴィトンの偽物(コピー品)には見分けるのが困難なスーパーコピーも存在しますが、こちらは分かりやすいレベルのものです。
O や N が縦に長い字体になっていてロゴ全体のバランスが悪く、インクにじみも汚いことから基準外品(偽物,コピー品)と判断することができます。

ルイヴィトン偽物の見分け方 2:柄のロゴ

基準外

本物

まず字体が異なりますが、加えてこの綺麗すぎるプリントも基準外(偽物,コピー品)です。
本物は柄の中でロゴが主張しすぎないよう、あえてムラのあるプリントが施されています。

ルイヴィトン偽物の見分け方 3:ファスナープルのロゴ

基準外

本物

金具に綺麗な刻印を打つには高度な技術が必要です。
画像のようにロゴが太くなってしまうのは基準外品(偽物,コピー品)によくあるパターンです。

ルイヴィトン偽物の見分け方 4:ファスナーの下止め

基準外

本物

赤い〇で囲われた部分は本来であれば縫製が二重で施されますが、この基準外品(偽物,コピー品)は未処理となっています。
青い〇で囲われた部分の下止め金具が本物で使われている部品と異なるため、ここでも基準外品(偽物,コピー品)と判断することができます。

まとめ

この基準外品(偽物,コピー品)は、ルイヴィトン製品を見慣れている人ならすぐに判断ができるレベルのものです。
財布などの小物類は偽物(コピー品)が多く出回っているので気を付けましょう。