ルイヴィトン アズール ポルトフォイユ・クレマンス 財布 偽物(コピー品)の見分け方

ルイヴィトン アズール ポルトフォイユ・クレマンス 財布 偽物(コピー品)の見分け方

ルイヴィトンは数あるブランドの中でも特に偽物が多く出回っています。 ここでは基準外(偽物,コピー品)のポイントを4つご紹介いたします。

ルイヴィトン偽物の見分け方 1:
ロゴ

基準外 基準外
本物 本物

ルイヴィトンの偽物(コピー品)のほとんどはロゴで見分けることができます。 しかしこの基準外品(偽物,コピー品)は、本物のロゴをほぼ正確に再現しているので、ロゴで見分けるのは困難です。

ルイヴィトン偽物の見分け方 2:
縫製

基準外 基準外
本物 本物

少しわかりづらいかもしれませんが、基準外品(偽物,コピー品)の縫製に所々ガタつきが見られます。 ですが本物でも縫製が雑に見えることがあるので、これだけでは基準外品(偽物,コピー品)と判断することはできません。

ルイヴィトン偽物の見分け方 3:
ファスナープル

基準外 基準外
本物 本物

この基準外品(偽物,コピー品)のファスナープルには@マークのような刻印が打たれていました。 本物にこのような刻印がされることはありませんので、基準外品(偽物,コピー品)を疑うひとつのポイントとなります。

ルイヴィトン偽物の見分け方 4:
柄のロゴ

基準外 基準外
本物 本物

アズール柄の中にもロゴがあり、本物は歪むことなく綺麗にプリントされます。 ここの字体が崩れていることから、基準外品(偽物,コピー品)だということが判断できます。

まとめ

最近のルイヴィトンの偽物(コピー品)は、本物と見分けることが難しくなってきています。 スーパーコピーを見分けるには、細部までしっかり見ることが重要となります。