ルイヴィトン ミュルティプリ・シテ ハンドバッグ 偽物(コピー品)の見分け方

ルイヴィトン ミュルティプリ・シテ ハンドバッグ 偽物(コピー品)の見分け方

ルイヴィトン ミュルティプリ・シテ ハンドバッグ 偽物(コピー品)の見分け方

ルイヴィトン製品には偽物が多く存在します。
ここでは基準外(偽物,コピー品)のポイントを4つご紹介いたします。

ルイヴィトン偽物の見分け方 1:ブランド刻印

基準外

本物

基準外(偽物,コピー品)は本物に比べて、mのロゴが変形していたり、〇Rの部分が薄れていたりしています。
タグの素材・余白が異なっていること、フチの処理が雑な点などから基準外(偽物,コピー品)と疑うことができます。

ルイヴィトン偽物の見分け方 2:スナップボタン金具

基準外

本物

写真で見比べると、ロゴの向きが異なっているのがわかります。
本物は円を描くようになっているのに対し、基準外品(偽物,コピー品)は半分で区切られています。
スナップボタンにロゴが入っていても、文字の向きから基準外(偽物,コピー品)と疑うことができます。

ルイヴィトン偽物の見分け方 3:ショルダーストラップ

基準外

本物

基準外(偽物,コピー品)と本物を比べると縫い方、余白の空き方が異なっています。
色や形は似ているが、比べてみると全然違うことがわかります。

ルイヴィトン偽物の見分け方 4:ファスナー金具

基準外

本物

ロゴの厚さ、ファスナー根本の金具、形などが本物と異なっています。
ファスナー根本の金具も基準外(偽物,コピー品)は細く、刻印もよく見ると形が少し違っていたり
太さも違うことから基準外(偽物,コピー品)と疑うことができます。

まとめ

大きく足りない部分はありませんが、本物と見比べると異なる点が多く見受けられます。
ルイヴィトンの偽物を見分けるには、まず本物のデザインを知ることが重要です。