MCM バックパック バッグ 偽物(コピー品)の見分け方

MCM バックパック バッグ 偽物(コピー品)の見分け方

MCM バックパック バッグ 偽物(コピー品)の見分け方

MCMのバックパックは若い世代を中心に人気があります。
ここでは基準外(偽物,コピー品)のポイントを4つご紹介いたします。

MCM偽物の見分け方 1:バッグ正面

基準外

本物

本来であればバッグの柄に合わせて付いているはずのプレートやスタッズが無造作に取り付けられています。
これは遠目からでも基準外品(偽物,コピー品)と判断できるレベルです。

MCM偽物の見分け方 2:柄合わせ

基準外

本物

〇で囲われた部分の柄がズレているのは、昔のMCMの偽物(コピー品)によく見られる特徴です。
最近の偽物(コピー品)は柄合わせの対策が進んでいるので、ここだけで判断はしないようにしましょう。

MCM偽物の見分け方 3:プレート

基準外

本物

画像を見比べると、基準外品(偽物,コピー品)のプレートにはメッキにギラつきが見受けられます。
本物でも多少のギラつきが確認されることがあるので、ここだけでは基準外品(偽物,コピー品)と判断できません。

MCM偽物の見分け方 4:ハンドルの向き

基準外

本物

〇で囲われた部分のハンドル部分ですが、表裏の向きが逆で取り付けられています。
偽物(コピー品)がいかに手を抜いて作られているかが見て取れます。

まとめ

昔のMCMの偽物(コピー品)はレベルの低いものでしたが、最近はスーパーコピーと呼べるほど対策が進んだものも出てきています。
特にメッキのギラつきに関しては、本物のギラつきと偽物(コピー品)のギラつきとの違いを知ることが重要です。